睡眠

暑い夜に涼しく寝る方法・エアコンのない部屋の寝苦しい夜対策

投稿日:2018年7月20日 更新日:

 

エアコンのない部屋は夏の夜がとにかく暑い!!

( ;´Д`)汗ダラダラ

 

暑い夜は寝ている間に熱中症になるおそれが高いので、とくにエアコンのない部屋で寝ているという環境は注意が必要です。

 

エアコンのない部屋でも出来る涼しく寝る方法をまとめました。

スポンサーリンク

扇風機の後ろに保冷剤や凍らせたペットボトルをとりつける

扇風機の後ろに保冷剤凍ったペットボトルを取り付ける(または近くに置く)と扇風機のぬる~い風が冷たい風になり少しは涼しくなります。

 

扇風機の前に取り付けてもいいのですが、風をさえぎってしまうため後ろの方がおすすめです。

 

↓扇風機の前に凍ったペットボトルを2、3本置いておくのもいいですね(^ ^)

 

スポンサーリンク

寝具をひんやり冷たいものにする

温暖化により年々暑くなっているからか夏になると冷たい寝具がホームセンターなどで売られています。

 

ひんやり涼しくなる寝具はさまざまあります。

 

冷却シーツ

冷却シーツは接触冷感という触ると冷たいと感じることで体が涼しくなるシーツです。

サラサラと気持ちいいものが多く、寝てる時に感じている体感温度を下げる効果が期待できます。

 

 

ござシーツ

ござシーツ(寝ござ)は布団の上に敷くござタイプのシーツです。

大人用から赤ちゃんを寝かせる用のもあります。

 

冷却シーツほどひんやり感はないものの、ござのシーツは普通のシーツより清涼感があり寝汗によるベタつきが減ります。

 

ござのシーツなのでちょっと硬さがあり人によっては寝心地が悪く感じるかもしれませんがこの辺は好みですね。

 

ござの上に寝るのは「夏だ~」って感じがして個人的には落ち着いて好きです(笑)

 

 

寝具やパジャマに冷却スプレーをする

冷却スプレーとはシャツや衣類にシュッシュとスプレーして涼しくなるグッズです。

 

夏のホームセンターやドラッグストアなどには熱中症対策として売られています。

冷却スプレーも種類が豊富で、キンキンに冷えるものから冷え度が弱いものまでさまざまです。

 

この冷却スプレーを寝るときにシーツや枕、パジャマなどにシュシュとして寝るのも寝苦しい夜の対策になりますよ(^_^)

 

でも、あまり冷却スプレーをかけすぎると冷えて風邪をひくこともあるので冷やしすぎには注意しましょう。

 

『シャツシャワー』という冷却スプレーがおすすめです♪

 

 

スポンサーリンク

寝る所の近くに洗濯物や濡れたタオルを干す

寝る所(布団)の側に洗濯物や濡れたバスタオルなんかを干すだけでも部屋が少し涼しくなります。

 

私は洗濯物を干した斜め下に寝ているんですが、濡れた衣類をかけている下にいるとなんだか涼しいんですよね〜

 

さらに扇風機を合わせて使うと部屋の空気がそよそよそと少し涼しくなります。

洗濯物じゃなくてもバスタオルなどを濡らして部屋の中に干してもOK

 

風の通り道をつくる(窓を開ける・換気扇を回す)

 

  • 窓を2箇所開けて風の通り道を作る
  • 窓を1箇所開ける+換気扇を回す

 

風の通り道を作るだけでもまだましです。

 

でも、防犯面でなかなか窓を開けて寝るってことが怖くて出来ないという人が多いと思います。

 

エアコンがあればいいんですが、エアコンなしで窓を開けられない環境だと蒸し暑すぎて熱中症になる可能性も高くなるのでせめて換気扇だけでも回して部屋の中の風を循環させましょう。

 

田舎の方なら窓を開けて寝てもいいんですがね(^_^;)

 

寝る場所・位置を変える(壁に頭を向けるとアツイ)

 

窓を開けて窓際に寝るとだいぶ涼しさを感じます。

風が入ってくるので開けないよりは全然マシです(⌒-⌒; )

 

また、壁に頭を向けて寝ていると暑くなりやすいと言われています。

 

壁、とくに西側にある壁は日中にいっぱい日光を浴びて熱を帯びています。

その熱が夜に壁から放出されるので西側の壁に頭を向けて寝ると暑さの影響を受けてより寝苦しくなってしまいます。

 

体の中でも特に頭(脳)を暑くしない様に気をつけましょう。

 

アイス枕や保冷剤を使う

寝るときにジェルタイプのやわらかいアイス枕保冷剤を体にピトッとすると涼しくてスヤァと眠れます。

 

小さい保冷剤だと夜中にはもう溶けちゃうので暑い夜はアイス枕ぐらいの大きさの方がちょうどよいです。

★保冷剤はどこで買えるの?

→ 保冷剤はコンビニやスーパーで買える?売ってる場所はどこか

 

  • 脇の下
  • 脚の付け根
  • 首すじ
  • 背中

などを冷やすと涼しくきもちよくなります。

関連記事首を保冷剤で直接冷やすのは危険?熱中症対策の注意点

 

頭をずっと冷やし続けると人によっては頭痛がしたりキーンとしたりするので冷やしすぎは注意。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイスノンソフト(1コ入)【アイスノン】
価格:923円(税込、送料別) (2018/7/20時点)

 

 

まとめ

エアコンがない部屋で暑い夜に涼しく寝る方法でした(^_^)

 

寝ているときに暑いと、

  • 熱中症になる恐れがある
  • 寝不足になる
  • かえって疲れる

などいろいろ体調面にも悪影響をもたらしてしまうので、いろんな工夫をして涼しい環境で睡眠を取れるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-睡眠

Copyright© ためなる生活 , 2019 All Rights Reserved.