睡眠のためなる

寝起きに寂しい気持ちと不安感でざわざわする原因は?私の体験談

投稿日:2018年10月4日 更新日:

 

私は一人暮らしをしていた時に

  • 朝起きた時
  • 昼寝から目が覚めた時

の寝起きの瞬間に強い寂しさ、不安感、恐怖心を感じて胸がざわざわすることがありました。

 

この寝起きの憂鬱の原因はなんなのか?

 

私の寝起きに寂しく不安になる原因は、強い悩み事を抱えていることでした(*_*)

関連記事

⇒ 寝てる時のよだれ対策は口にテープを貼る!私の愛用テープはこれ

スポンサーリンク

朝起きた時の不安感の原因は「仕事を辞める前の強い悩み」だった

私が20代の頃一人暮らしをしていた時、働いていた会社をちょうど2年の区切りで辞めようか悩んでいました。

 

退職理由は「もう疲れた」からです。

 

当時、そこの職場は私ともう一人の女性と二人の職場でした。

そのもう一人の女性(以後Aさん)は、見た目は普通なんですが体に病気を抱えていて、みんなと同じように全ての仕事ができるわけではない方でした。

 

私はその人の分まで仕事に出なきゃない立場で、ずっと「もう嫌だな」と不満を抱いていましたが会社の人には誰にも言わず一人心に秘めながら働いていました。

 

「もう辞める、もう嫌」

ずっとそう思っていて、働いて2年の節目で辞めようと退職計画を立て始めました。

 

一人暮らしだったので、仕事を辞めたら毎月入ってた給料はなくなるので金銭面や生活は自分でしっかりしなきゃない環境でした。

 

貯金はそんなに貯まっていない状態…(⌒-⌒; )

 

「もっと貯金を確保してから辞めたほうが安全じゃない?」

って思ったんですが、そのAさんが病気でいつ辞めるのかわからないし、Aさんが辞めたら自分がその仕事場のリーダーにされて大変になる&辞めるタイミングを逃してしまう!って不安があって、働いて2年の節目で辞めることにしたんです。

 

早めに退職を伝えるのに2ヶ月前と考えた私は、退職したい月の2ヶ月前になると緊張してきて毎日不安とストレスで夜は寝れないし心が休まらない感じでいっぱいでした。

 

  • 仕事を辞めたら給料がなくなる
  • 一人暮らしで仕事を辞めるのが不安…
  • 貯金はほどほどあるけど不安…
  • せっかく2年働いた会社なのに辞めるのもったいなくない?
  • でもAさんがいつ辞めるかわからない…
  • もう病気の人の分まで仕事しなきゃない立場は嫌
  • 長くいればもっと仕事まわされる…
  • もう疲れた…解放されたい

など、

いろんな葛藤から毎日悩んでいました…

 

すると、

睡眠にある変化が…

 

スポンサーリンク

朝起きた時&昼寝で目覚めた時に寂しさと不安で胸がざわざわする

そんな不安と強いストレスを抱えた毎日を過ごしていた私は、朝起きた時にざわっとくる不安や孤独に襲われてました。

 

  • 寂しい
  • 孤独
  • 不安
  • 恐怖心
  • 憂鬱感

などの嫌な感情で目覚めてました。

 

季節は秋でちょうど肌寒くなってきた頃でした。

秋って日は短くなるし、なにもなくてもなんか寂しさを感じる季節ですよね(*_*)

 

実は、私はこの寝起きに不安になる感じはこの時が初めてではなかったです。

 

過去にも、

  • 一人暮らし
  • 仕事を辞めようとしている(伝えようとしている)

と、同じような状況があったんですが、その時も朝の寝起き時に不安で胸がざわついていました。

 

過去にも同じような経験があったので、

「寝起きの時に不安になる原因は今、強い悩みとストレスを抱えているからだな」

と原因はわかりました。

 

夢を見た後からの目覚めがとくに寂しく孤独を感じた

こういった緊張、不安、強いストレスを感じている時はなんだか懐かしい夢を見ることが多かったです。

現実逃避したかったんでしょうね(^_^;)笑

 

夢では、

  • 子供の頃の家族と過ごした安心感のある時間
  • 人がいて楽しい空間

など、その時の不安で孤独な現実とは逆のこれまで感じた安心感、楽しさを感じるような夢が多かったです。そして周りには人がいることが多かったです。

 

その夢を見てる時は幸せな気持ちでした。

夢を見ている時は悩まなくていいんだもの…

 

でも、ハッと目を覚ました時に一気に現実に帰ってきたあの瞬間、胸がざわざわして不安と孤独がずしーっとくるのが嫌でした(/ _ ; )

 

そして、寝起きの不安感と孤独を感じるのが嫌で夜寝るのも怖くなり寝不足

という悪循環生活になっていました。

 

対処法:不安を取り除く、人と話す

一番の対処法はその不安を取り除く、抱えている悩みから解放されるです。

 

実際、仕事を辞めて悩んでいた時に感じていた強いストレスから解放されたら寝起きに不安を感じることもなくなりました。

 

また、当時少しでもよかった対処法がこちらです。

  • 家族や友達と話す、声を聞く
  • あたたかい食べ物を口にする
  • とりあえず美味しいごはんを食べる
  • 風呂に入る
  • 好きなことに没頭する(=現実逃避する時間をつくる)

 

一人暮らしの環境で一人でとてつもないストレスを抱えているとおかしくなります。

 

親に電話して声を聞いたり友達とメールやラインをするなど人と接するとホッとしてました。

 

私は悩みで不安すぎてちょっとホームシックになってたので、やっぱ家族の声を聞くってのがよかったです(^ ^)

 

あとは、温かい食べ物を食べたり風呂に入ったり温かいものに触れると少しホッとしてました。

 

そして、1日中悩んでいるの状態から現実逃避して悩んでいる気持ちを休ませるために、何か好きなことや他のことを考える時間を作ったのもよかったです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

寝起きで目覚めた時に、

  • なんかすごい寂しい
  • 不安
  • 恐怖
  • 憂鬱感
  • 胸がざわざわして動悸がする

という時の私の場合の原因は、

「仕事の退職のことで悩んでいて強いストレスと不安を感じている」

でした。

 

そして、寝起きの不安感は仕事を退職して悩みから解放されたことで感じなくなりました。

 

寝起きの不安感、憂鬱感の原因は体調面など人それぞれあるかと思いますが、私の場合は精神的からくるものだったので、同じようなことで悩んでいる方の参考になればと思います。

なかなか寝れない人はメトロノームと波の音がおすすめ

⇒  寝れない時に寝る方法!不眠の私がおすすめする眠れない時の対処法

 

口にテープして寝るようにしたらよだれを垂らさなくなりました

⇒ 寝てる時のよだれ対策は口にテープを貼る!私の愛用テープはこれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-睡眠のためなる

Copyright© ためなる生活 , 2019 All Rights Reserved.