仕事のためなる

バレンタインに職場で渡さない女はダメ?渡さないを貫いた私の話

2019年1月1日

 

毎年バレンタイン…

苦痛になるOL女性陣は多いのではないでしょうか?

嫌ですよね〜私も嫌でした!(>_<)

 

私も女性陣がチョコを配るという暗黙の風習があった職場でのバレンタインが毎年苦痛でしたが、私は渡したくなかったので意地でも配りませんでした(笑)

 

バレンタインに職場の女性陣の中で一人だけチョコを配らなかった時の話を紹介します。

スポンサーリンク

【毎年苦痛】バレンタインに職場でチョコを渡す風習があった会社で…

私が20代の時働いてた職場では毎年バレンタインに女性陣が男性陣ふくめ職場のみんなにチョコを渡し、ホワイトデーに男性陣がお返しをするという風習がありました。

 

チョコ代は個人がそれぞれ出すので強制ではないんですが暗黙の了解という感じでした。

 

私の部署は女性5人、男性8人という割合。

バレンタインにチョコを渡す風習がいつからあったのかはわかりませんが、女性社員で一番長く働いている人が毎年率先して配っていたので昔からある風習なんだろうなと思ってました。

 

「前もって女性陣で打ち合わせをしてお金を出し合ってみんなでチョコを渡す」

とかそういったのではなく、完全個人から職場の男性陣をはじめ女性陣にも全員に一人一人に渡すという暗黙の了解という感じでした。

 

なので、ここの職場で転職して1年目のバレンタインはそのことが分からなかったです。当日に知りました。

 

女性社員の方が誰か「毎年男性陣にチョコ渡してるから用意したほうがいいよ」と教えてくれた訳でもないので(多分、強制ではないからわざわざ教えなかったんだと思います)1年目はバレンタインの日に自分はただもらう側でした(笑)

 

女性の先輩方からチョコをもらったので「さすがにちゃんと返さなきゃ」と思ったのでホワイトデーは男性陣に混じってお返しをしました(笑)

 

それから、

「バレンタインは女性陣がチョコをみんなに配り、ホワイトデーは男性陣が女性陣にお返しをする風習のある会社なんだな」

と知りました。

 

正直、私は

「めんどくさいな」

「渡したくないな」

と思いました。

 

女性陣は日頃の感謝の気持ちをこめて渡すという感じでした。

男性陣をはじめ上司には日頃からお世話になってるし、バレンタインという機会に感謝の気持ちを表すのもいいな、とも思ったんですが絶対渡したくない理由がありました。

 

それは一人怖くて圧倒的に嫌いな男性上司がいたことです。

 

  • その人にバレンタインにチョコを渡すという可愛い行為をするなんて絶対できない…普段の仕事でも緊張しながら話しかけてるのに無理…
  • でも、その人だけ渡さないわけにもいかないし…

という問題があり「そもそも男性陣も気を使って毎年めんどくさいでしょ?もうやんなくていいんじゃない?」ってめんどくさくなって「もう自分はバレンタインは渡さない」と決断しました(笑)

 

スポンサーリンク

バレンタインの日、職場の女性陣の中で自分だけ渡さなかった

そして、2年目のバレンタインが近づいてきました。

「ああ、バレンタインが近づいてきた…またみんな渡すのかな…」

 

「今年も渡さない」と決めつつもバレンタインが近づくのが憂鬱でした。

 

そして2年目のバレンタイン当日。

朝来たら女性陣がチョコをチョコを配っていました。

 

自分も配るなら「今だ!」と便乗して配るタイミングですが、私はチョコもなにも用意してなかったので配ることなく普通に仕事へ。

 

むしろ、また女性陣から貰う側で「なんか自分、貰う側で男性陣みたい…」と恥ずかしくなりました(^_^;)

 

その日は、

「自分だけチョコを配らないこと変に思われてないかな…」

とかいろいろ気にしてなんだか肩身が狭い思いになりながら仕事をしてました。

 

バレンタインに職場でチョコを渡さなくても仕事に支障はなかった

「バレンタインに職場でチョコを配る風習があるのに渡さないと仕事に支障出たりする?」

と気になる方もいるかと思います。

 

私のこの職場では、

  • 仕事に支障が出るとか
  • 配らなかったから男性陣から攻撃されるとか
  • 女性陣の先輩から「なんで渡さなかったの?」といじめられるとか
  • バレンタイン以降職場にいづらくなったとか

そういったものは一切なかったです。

 

むしろ、バレンタインにチョコを配らなかったことで仕事に支障が出るような職場だったらさっさと辞めます(笑)

 

そのぐらい、正直私はバレンタインに興味関心がありませんでした(^_^;)

 

スポンサーリンク

まとめ

結局、私はこの職場で3年間働いて今は退職したのですが、

  • 1年目:バレンタインの風習を知らなかったから渡さなかった
  • 2年目:渡したくないから渡さなかった
  • 3年目:渡したくないから渡さなかった

と、1回もバレンタインにチョコを配らなかったです(笑)

 

他の女性陣はみんな毎年配ってたんですが、配ってなかったのは私だけでした。

女性陣からはバレンタインにはもらってたので、ホワイトデーにもらった女性陣にお返しをするという男性側になってました(笑)

 

チョコを意地でも配らなかった大きな理由はやっぱ

どうしても苦手な男性上司(一人)にチョコを渡すなんて無理だった

です。

 

「苦手な上司一人だけ配らないわけにもいかないからいっそのこと誰にも配らないことにしよう」

という結論にいたり、毎年「私は配らない」というバレンタインを貫きました

 

その職場でうまくやっていこうという気持ちがあるならそういったバレンタインの風習にも合わせたほうが無難だと思います。

 

しかし、私はその即場に愛着もなかったし割とドライだったのでバレンタインの風習に一人合わせなかったです(笑)

 

バレンタイン当日になると女性陣で私だけ渡さないのがなんだか恥ずかしく肩身が狭くなったりもしましたが、そう思うのもバレンタイン当日だけでした。

 

むしろ、バレンタインにチョコを配るという風習を終わらせたいぐらいでした(笑)

 

個人的には、

  • その職場で長くうまくやっていきたいならバレンタインの風習も合わせたほうが無難
  • 「なんでチョコ配んなきゃないの?」って思う、職場が強制ではない、お金がない、なら配る必要もない

と思っています。

 

チエミ
以上、職場でバレンタインに「チョコを渡さない」を貫いた私の話でした

スポンサーリンク

-仕事のためなる

Copyright© ためなる生活 , 2019 All Rights Reserved.