ファッションのためなる

セカンドストリートとオフハウスはどっちが高値で売れる?買取金額を比較

投稿日:

 

セカンドストリートオフハウスに服とかいらない物をよく売りに行くんだけど、

チエミ
どっちの方が高く売れるんだろ?

と思ったんで、2店で同じ商品を査定してもらい買取金額を比較してみました。

 

結果、同じ商品でもセカンドストリートの方が高く売れました。

スポンサーリンク

セカンドストリートとオフハウスに売りに行ったのは服、アクセサリー、雑貨、ドライヤーなど32点

部屋の片付けをして出てきた不用品たち32点をセカンドストリートとオフハウス売りに行きました。

  • ブレスレット(3個)
  • ネックレス(4個)
  • イヤホンジャック
  • ポーチ
  • コンパクト
  • バレッタ(4個)
  • カチューシャ(1,000円くらいの)
  • コーチのキーホルダー
  • グッチのキーケース
  • 財布
  • 小銭入れ
  • スキー用手袋
  • ドライヤー(家電)(900円くらいの)
  • 猫背矯正ベルト(1,000円くらいの)
  • 服9点(ユニクロなどファストファションの古着)
  • コーチの写真ケース
  • グッチのキーケース

が一応ブランド物だけど、古いし見た目もボロめなのでそんな高値にはならないだろうな~と思いながら売ることに。

 

アクセサリーも安いものだし服もノンブランドで安いものばっかです。

 

猫背用ベルトはドンキで買った矯正ベルトだけど、あんま意味なかったので(笑)1回しか使ってないけど売りました。

 

ドライヤーはドラッグストアで買った安いやつです。

2010年に買ったやつだけど使わなくなっただけで状態は良いものです。

 

チエミ
これらを全部袋に詰めてレッツゴー!

最寄りのオフハウスとセカンドストリートをはしごして査定してもらいました。

 

スポンサーリンク

オフハウスでは70円

オフハウスでは70円でした。

安い…(笑)

  • アクセサリー:50円
  • 雑貨:10円
  • 服:10円

合計:70円

 

分類としては、

  • アクセサリー:ブレスレット(3個)、ネックレス(4個)、カチューシャ、バレッタ
  • 雑貨:ポーチ、コンパクト、スキー手袋、財布、小銭入れ、猫背矯正ベルト、イヤホンジャック
  • :9点

って感じでした。

 

  • コーチの写真ケース
  • グッチのキーケース
  • ドライヤー

「当店では取り扱ってない商品」とのことで買取不可でした(型が古いためか)

ドライヤーは2010年の製品で、ここのハードオフでは家電類は2013年製から買取対応のようでこれも買取不可商品でした(引き取ってもらうこともできるけど持ち帰りました)

 

あと、売りに持ってった服は夏物でした。

売りに行ったのも夏だったので「夏物は値段がつきにくくこのお値段です」と言われました。

チエミ
服をより高く売るならやっぱひとつ前の季節に売りに行くのがいいね

 

物が多かったから「安くても何百円かな~」と思ってたんだけども70円で「安すぎい!!」ってのが正直な感想です(笑)

 

「セカンドストリートで売ろ…」

って思って買取してもらわないで全部持ち帰ってきました(笑)

 

セカンドストリートでは538円

同じ商品でセカンドストリートでは538円でした!

  • アクセサリー(11点):110円
  • 雑貨:45円
  • スキー手袋:1円
  • ドライヤー:50円
  • コーチのキーホルダー:30円
  • グッチのキーケース:250円
  • 服(9点):27円

合計:538円

 

セカンドストリートではオフハウスでは買取対象外だったドライヤー、コーチのキーホルダー、グッチのキーケースにも値段がつきました。

 

セカンドストリートとオフハウスも査定結果はタブレットで画面を見せて承認するかどうかを確認するんですが、セカンドストリートはオフハウスより金額の内訳が詳細です。

 

だから、セカンドストリートでは何がいくらの値段ってのがわかりやすいし売ったら商品の金額詳細の紙をもらえます。

チエミ
70円だった不用品たちが538円になったのでセカンドストリートで売ってきました(笑)

 

スポンサーリンク

これまでもセカンドストリートの方が買取値段が高い印象

私はこれまでいらない服とかセカンドストリートとオフハウスどちらにも売ってきました。

今回の査定金額もだし、これまでの体感からも「セカンドストリートの方が高く売れるなー」って印象です(私の最寄りの店舗の場合)

 

とくに服やバッグなど衣料品セカンドストリートの方が買取値段がまだマシです。

ブランド品にもそれなりに値段がつきます。

店内の売り物を見てもセカンドストリートの方が服など充実してて服の買取に強化してるんだなーって印象。

 

セカンドストリートは若者向けのファッションが多いです。

でも、浴衣や着物はオフハウスの方が充実してました。

この辺の何が売ってるか、何を取り扱ってるかも店舗や地域によりけりですね。

チエミ
物によってはセカンドストリートよりハードオフの方が高く売れる場合もあるし、地域や店舗によっても違いはあると思います

 

スポンサーリンク

セカンドストリートとオフハウスの買取比較まとめ

セカンドストリートとオフハウスの買取値段を比較してみるとこんな感じでした(わたしの最寄りの店舗の場合)

セカンドストリート オフハウス
27円 10円
アクセサリー 110円 50円
雑貨 46円 10円
ドライヤー 50円 0円(買取不可)
コーチのキーホルダー 30円 0円(買取不可)
グッチのキーケース 250円 0円(買取不可)
合計 538円 70円

「ちょっとでも高く売りたい!」

ってなら、めんどうだけどセカンドストリートとオフハウスどっちにも行って査定してもらうのもアリかなと思います。

 

リサイクルショップは地域や店舗によっては何を高く買い取ってるかなど違いがあると思うので、参考までに「こんな感じなんだなー」って思ってもらえれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ファッションのためなる

Copyright© ためなる生活 , 2019 All Rights Reserved.